ニキビ跡|頑固なニキビ跡はレーザー攻撃でつるつるにできる

脂肪吸引の新しい形

医師

美容外科でこれまで利用されていた痩身方法は脂肪吸引です。脂肪が気になるお腹や太ももなどにカニューレを差し込んで脂肪を吸い出すという方法です。 しかし最近の美容外科では切らない脂肪吸引と呼ばれる方法が導入されています。この切らない脂肪吸引とはどのような方法かというと、脂肪が気になる箇所に特殊な液剤を注射し脂肪を溶かすという方法です。これは脂肪溶解注射やメソセラピーと呼ばれています。 この切らない脂肪吸引を利用する方法は美容外科に来院する事です。この方法はエステサロンなどでは行っていないので脂肪溶解注射を導入している美容外科に行かなければ受けることはできないのです。肌に傷をつける必要がない方法なので人気が高くなっています。

切らない脂肪吸引である脂肪溶解注射を最も希望している人達は、ダイエットで失敗してしまう人、部分的に痩せたい人、身体に傷をつけずに施術を受けたい人です。 この脂肪溶解注射は脂肪が気になる箇所に注射するだけで脂肪を溶かしてくれる効果があります。植物から抽出された安心な薬剤を使用しており、溶けた脂肪は血液と一緒に流れて尿と一緒に体外に排出されます。 メスを使って切開する必要がないので肌に傷をつけることがなく、またダウンタイムもほとんどないので仕事が休めないと言う人でも手軽に利用する事ができるのです。 また脂肪細胞自体を減少させる効果があるため、リバウンドの心配がなくこれまでダイエットに失敗していた人でも痩せて持続させることができる方法なのです。