ニキビ跡|頑固なニキビ跡はレーザー攻撃でつるつるにできる

安全に改良

女性の口元

脂肪吸引の手術の歴史を見てみると、1921年にはフランスの医師のフィッシャーがキュレテージ法と呼ばれる手術方法で脂肪の除去を行っていました。この方法は脂肪を吸引するのでは無く脂肪をかき出すものであり、足の壊疽を引き起こして問題となり、脂肪除去はしばらくの間はほとんど行われなくなりました。 脂肪吸引手術の始まりは同じくフランスで、1977年にイルーズという医師によってカニューレ吸引法が開発されました。この方法はメスで皮膚を切開し、その部分にカニューレと呼ばれる脂肪を吸引する医療器具を挿入して脂肪を吸い出すというものでした。ただ、この方法は神経や血管を傷つけたり合併症などの問題もあり、かなり問題もありました。その後、改良が続けられて1990年代には薬剤を注入して出血を抑えたりするチューメセント法や超音波を用いて脂肪細胞を柔らかくしてから吸引する方法などが出てきました。 そして現在ではカニューレ吸引法をベースとした様々な方法があり、リスクも大分押さえて脂肪吸引手術が出来るようになってきました。

脂肪吸引の歴史は比較的浅いという事もあり、脂肪吸引法が行われたばかりの頃は問題が山積みでした。そのせいもあり、脂肪吸引が危険なイメージを持っている方もいます。しかし、その後は様々な努力によって改良されていき、現在では開発されたばかりの頃と比べると、脂肪吸引の技術は格段に進歩しており、かなり安全に手術を行える事が出来るようになってきています。 それでも全ての問題が解決したわけでは無く、まだまだ改良の余地は残されていると言えます。それについても、最近の技術の進歩の仕方はすごいものであり、時間の流れと共に徐々に問題も解決されていくだろうと考えられます。そして、脂肪吸引はより身近になって、より多くの人の美容に関する悩みを解決していくものと思われます。